09:00〜12:00
15:30〜20:00

※日曜午後は18:00まで|休診:木曜・土曜午後・祝日

お問い合わせ・予約はこちら

06-6437-8113

Web予約LINE予約お問い合わせ・予約

メニュー

頭痛

こんな症状でお悩みではありませんか?

こういった症状の原因を説明します。

症状の原因

頭を押さえる女性

慢性的な頭痛は、大きくわけると全体の約7割が「緊張性頭痛(きんちょうせいずつう)」、別名「頚性頭痛(けいせいずつう)」で、残りの約3割が「片頭痛(へんずつう)」です。

その他、患者数は非常に少ないのですが、「群発性頭痛(ぐんぱつせいずつう)」もあります。

ここではもっともかかりやすい緊張性頭痛についてご説明します。

緊張性頭痛

緊張性頭痛の原因になっているのは、「首のこり」です。

緊張性頭痛は、頭が締め付けられるような痛みが頻繁に続くのが特徴です。これは、首の筋肉が硬くなり、頭の神経といわれている大後頭神経(だいこうとうしんけい)を筋肉が締め上げて引き起こされる頭痛です。長時間のデスクワークや長時間スマートフォンを使用、同じ姿勢でいたり、首に強い圧力がかかり続けることが主な原因です。

首にはさまざまな筋肉がついていますが、その中でも頭半棘筋(とうはんきょくきん)が緊張して、首のこりになり、頭半棘筋を貫通している大後頭神経が締めつけられると、緊張性頭痛が起きると言われています。

従来、緊張性頭痛は、鎮痛薬や筋弛緩薬(きんしかんやく)、マッサージ、鍼治療などで、痛みや筋肉の緊張をやわらげる治療法が中心でした。しかし、それでは一時的に症状は軽減されますが、根本的な治療ではありません。

当院では、頭痛の原因である「首のこり」に対し、根本的な治療を行ってまいります。

症状を改善するなら

お問い合わせ・ご予約はこちら