09:00〜12:00
15:30〜20:00

※日曜午後は18:00まで|休診:木曜・土曜午後・祝日

お問い合わせ・予約はこちら

06-6437-8113

Web予約LINE予約お問い合わせ・予約

メニュー

四十肩・五十肩

こんな症状でお悩みではありませんか?

こういった症状の原因を説明します。

症状の原因

肩に違和感を感じる人

一般的に、40代で発症するから四十肩、50代で発症するから五十肩と呼ばれていますが、現在社会においては、四十肩・五十肩は40〜50代だけの症状ではなく、20〜30代の方も十分にかかってしまう症状です。

四十肩・五十肩は、肩甲骨(けんこうこつ)と上腕骨(じょうわんこつ)をつなぐ肩関節に痛みがでる症状のことで、「肩関節周囲炎(かたかんせつしゅういえん)」と呼ばれています。

長年、腕や肩を動かす方、慢性的に肩こりをお持ちの方に多く見られ、肩関節にある腱(けん)や筋肉が疲労してもろくなり、筋肉が慢性的に緊張を続ける状態になります。

結果、血液循環が悪化し、肩関節の周辺に炎症が起こることで、四十肩・五十肩となる痛みが発生するのです。

関節部分の腱や筋肉が傷つくと、激しい痛みをともなう可能性もあります。

自然に治る症状だといわれますが、癒着が残ったまま時間が経つと、肩の動きに影響を与えてしまうため、適切な治療が必要です。

ちなみに、もともと肩周りの柔軟性が低い人、体が硬い人は関節の可動域が狭く、四十肩・五十肩を起こしやすいとされています。

症状を改善するなら

お問い合わせ・ご予約はこちら