09:00〜12:00
15:30〜20:00

※日曜午後は18:00まで|休診:木曜・土曜午後・祝日

お問い合わせ・予約はこちら

06-6437-8113

Web予約LINE予約お問い合わせ・予約

メニュー

不眠症

こんな症状でお悩みではありませんか?

こういった症状の原因を説明します。

症状の原因

寝付けていない女性

不眠症は、現代病と言えるほど、蔓延している症状の一つです。

人は、お昼に起きて活動しているときに、交感神経という神経を中心に働かせています。そして、夜寝る頃には、副交感神経という身体をリラックスさせる神経を中心に働かせています。

この交感神経と副交感神経の切り替えがスムーズにできていないことが、不眠症の要因で、切り替えを妨げている原因は、ひどくこり固まった首のこりです。

特に、頭の骨と首の骨のつけ根の部分は、自律神経と大きく関わりがあるとされています。長時間デスクワークで姿勢を固定し続けることや、姿勢の悪い立ち方、座り方をしていると影響が首に集中していきます。

現代では、パソコンやスマートフォンの長時間使用も首のこりを悪化させる要因となり、結果として、自律神経の働きが乱れ、不眠症になっている方も多いです。

首のこりを解消することで、自律神経の切り替えをスムーズにし、良質な睡眠を得ることができる結果、不眠症も解消されます。

症状を改善するなら

お問い合わせ・ご予約はこちら