09:00〜12:00
15:30〜20:00

※日曜午後は18:00まで|休診:木曜・土曜午後・祝日

お問い合わせ・予約はこちら

06-6437-8113

Web予約LINE予約お問い合わせ・予約

メニュー

セルフケア

肩こりは冷やすべき?温めるべき?気になる改善方法とは!

セルフケア

普段からデスクワークの多い女性の方が悩まれているのが肩こりです。こういった時に、温めた方が良いのか、冷やした方が良いのかわからない方が、殆どなのではないでしょうか?

応急処置として、カイロや温湿布で温める方や、氷や冷湿布を使って冷やす方もいます。しかし、結局どちらが最善の処置かわからないまま応急処置をしても効果は薄れてしまいます。では、そもそも肩こりが起きてしまいやすい人の特徴はどういったものになるのでしょうか?

肩こりが起きやすい人の特徴と原因とは?

ヘルプ, 手, 提供します, 絶望, うつ病, 慈善団体, 信頼, バーンアウト, 療法, お友達と, 手助け

肩こりを感じている方はしっかりと原因を理解しておくことで、前もって対処をすることができます。肩こりの原因や特徴、改善する方法を理解し、肩こりへの理解を深めていきましょう。

肩こりが起きやすい人の特徴

肩こりの起こりやすい人は、普段からオフィスワークをしている人や、長時間スマートフォンを利用している人などが挙げられます。特に、パソコンやスマートフォンを長時間眺めている方は、首を前に出し、両肩を窄めるような姿勢をとってしまっている方は、肩こりが起きやすいと言えます。

肩こりの原因とは

肩こりの原因は、首を前に出し、両肩を窄める様な姿勢を長時間取り続けてしまい、肩や首の周りの筋肉が緊張してしまい、血流が悪くなってしまうのが原因となっています。また、パソコンなどのディスプレイを長時間眺めることで眼精疲労が溜まってしまい、目の周辺の筋肉が緊張している事も、要因の一つと言えるでしょう。

肩こりを改善する方法

肩こりを改善する方法は、様々ありますが、代表的なのは、ヨガなどのリラックスのできる運動が効果的です。ヨガは身体の血流を改善し、筋力を向上させ姿勢をよくしてくれるので普段から運動習慣がない方はオススメの方法だと言えます。

肩こりを改善する為には、血流をよくするための温湿布や、一旦、氷や冷湿布などを利用して冷やす場合があります。では、実際に肩こりが起きた時は、冷やすべきなのでしょうか?それとも温めるべきなのでしょうか?

肩こりで温める場合と冷やす場合の違いとは?

肩こりを感じる方の多くが、冷やせば良いか、温めればいいかわからない方が殆どです。では、実際にどちらが良い対処方法と言えるのでしょうか?

温まるべき?冷やすべき?

肩こりが起きた場合に、温めるべきか冷やすべきか悩まれる方がいます。実は、肩こりが起きた場合の症状によって対処方法が変わってきます。その時の自分の肩こりが慢性的に続く場合や、急性的なものなのか、しっかりと自分の身体と向き合いながら対処方法を考えてみましょう。

肩こりで温めるメリットとは?

肩こりが起きてから、大体、3日以上立つ場合は少し温めてみましょう。慢性的に肩こりが続く場合は血流が悪くなってしまい、肩周りの筋肉が緊張しているケースがあります。そういった場合に、カイロや温湿布を利用して温めると良いでしょう。また、体を温める為に、運動やヨガを取り入れることで身体全体を温め、血流を良くしてくれる効果もあります。

肩こりで冷やすメリットとは?

温める場合とは逆に、冷やす場合というのは、痛みが出始めて、3日以内で動かしてみて明らかに肩に痛みがある場合は冷やしておきましょう。急性の痛みが出る場合は、急な動作によって筋肉へ負担がかかるケースや、寝違えなどによる、筋肉への無理な伸展や圧迫が原因だと言えます。そういった場合は冷やしておくことをオススメいたします。

肩こりが原因で悩む方の多くはデスクワークや普段からパソコンを眺めている方が殆どです。しかし、「肩こりは辛いけど、薬とかには頼りたくない…」そう考える方もいるかと思います。そういった方にオススメなのが、イケザワ整骨院です!

肩こりに悩まれている方はいけざわ整骨院へ!

当院では、デスクワークなどによる、肩こりに悩まれている方に向けて「日本で一番肩こりを治したドクター」が開発した、最新の施術器を使用して肩こりや、首こりの治療を行っております。

さらに、施術を行う前のカウンセリングはもちろん、施術後のご相談や、日常生活のアドバイスもしております。普段から、肩こりに悩まれている方は、一度、いけざわ整骨院にお問い合わせください。

肩こりは現代病の1つでもあります。頭痛や不眠症、その他の症状をもたらし自分のケアだけでは追いつきません。あなたの体の将来を考えて治療していきましょう。

まとめ

肩こりに悩まれている方の殆どは、症状が出た場合に、温めるべきか、冷やすべきなのかを悩まれる方がいます。実際は、出ている症状の状態によって対処方法は変わってくるのです。

肩の痛みが3日以上で、慢性的な場合は、血流を良くするために温めることをオススメいたします。逆に急性的な痛みの場合は、一度、患部を冷やしてみましょう。

肩こりを改善する方法として患部を温めたり、冷やすケースがありますが、ヨガなどの運動をすることによって改善するケースもあります。長年の肩こりや首こり、急性的な寝違いなどによって起こる肩への痛みがある場合は、是非、当院へご相談ください。

ホームに戻る

お問い合わせ・ご予約はこちら